北九州関門遊漁船 EBISUYA (えびす屋)

関門海峡・響灘を中心にタイラ・バひとつテンヤ・マゴチ・根魚・キス釣り等、ルアー釣りから餌釣りまで幅広く対応。安全・近い・楽しいの 安近楽 をモットーに、記憶に残る1匹をサポートさせて頂きます。


パワーハンドルの恩恵

パワー ハンドル

リール性能向上により昔に比べ、格段に大型真鯛とのファイトを楽にしてくれるのですが、その中でも

パワーハンドル

の素晴らしさには”目を見張る”モノがあります。力強い巻き上げを可能にするのはもちろん、ノブ側と
バランサー側で完全にバランスを取るので、等速巻きもアシストし、更に従来の負荷がかかる巻き重り感
を感じさせないパワーハンドルは、もはや欠かせないアイテムと言っても過言ではありません。また、特に
大型真鯛になると、バトル時間が長ければ長いほど不利になり、フックの伸び、及び、フック折れなどを
誘発してしまいます。ちなみに、経験値に基づく体感時間で表現するならば、パワーハンドルを装着して
いると、従来の半分以下の時間で決着がつくようなイメージで、HITから取り込みまでの一連の流れをかなり
アシストしてくれているのは間違いないと思います。もちろん『あの巻き重り感が釣りの真骨頂』と思わ
れる方もいらっしゃるかと思いますが、ファイト時間が30分を超えた辺りからのパワーハンドルのアシスト
感を知ってしまうと、もう後には戻れない・・・そう思うのは私だけではないと思います。なお私が装着
しているのは、SHIMANOが運営しているカスタムブランド”夢屋”のパワーハンドルでコチラになります。



シマノオシアカルカッタ200HGに装着されているハンドルよりも若干長いのですが、ハンドルをグリップした際の
安定感はさすがと言った感じで、力がリールにダイレクトに伝わっている感が伝わってきます。もちろん、従来の
ハンドルで取り込めないわけではありませんが、ここ最近、パワーハンドルの恩恵を存分に味わっているような
気がしてならないので、気になる方はチェックしてみて下さい。なお、パワーハンドルは装着できるリールと、
装着できないリールがあります。オシアカルカッタ200PG / 201PG、200HG / 201HGには装着できますが、
それ以外はコチラからご確認下さい。これから、超大型も視野に入ってきますので準備万端で挑みましょう!

Comments


Category


最新トラックバック
プロフィール

ゑびす

ゑびす

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login