北九州関門遊漁船 EBISUYA (えびす屋)

関門海峡・響灘を中心にタイラ・バひとつテンヤ・マゴチ・根魚・キス釣り等、ルアー釣りから餌釣りまで幅広く対応。安全・近い・楽しいの 安近楽 をモットーに、記憶に残る1匹をサポートさせて頂きます。


四季丸に乗ってタイラバ釣行へ!

2013102901.jpg

本日も、門司区大里から出船している遊魚船 四季丸 さんに乗船させていただき、釣り専門紙

「週刊つりニュース」

の取材を見学させて頂きました。なお、つりニュースさんの取材テーマは

電動リールでの鯛ラバ

という事で、非常に興味津々ではありましたが、動かない潮、天気に悪戦苦闘しながらもさすがは四季丸!
厳しいながらも”しっかり”と結果を出してくれました!

201422701.jpg

鯛ラバには電動リールが有利なのか!?

201422702.jpg

気になる結果は

201422703.jpg

『週刊 釣りニュース』

でご覧下さい!

201422704.jpg

なお、今回もお世話になった四季丸さんは、北九州市門司区大里(ラ・メール横)から出船しています。


(画像クリックでHPをご覧いただけます)

福岡県北九州市門司区大里本町3丁目
海の見えるレストラン ラ・メール雅 前 大里港
連絡先:090-3324-8032

四季丸に乗ってタイラバ釣行!

201422501.jpg

2月25日は、お世話になっている四季丸さんにて、釣具メーカー『シマノ』のテスト釣行が行われるとの情報を頂き、
お言葉に甘え、同船させて頂きました。状況としては、潮に悩まされ、渋い状況ではありましたが、岩元船長の攻めに
攻める操船技術と、テスターさんの技術力が合わさり、しっかりと結果を出していました(私はアタリ3回のみ)

201422502.jpg

和気あいあいの雰囲気ですが

201422503.jpg

やはりプロ。結果はしっかりと出してきます。

201422504.jpg

あの状況下でこの釣果は立派です。

201422505.jpg

私も釣果を伸ばし一役買いたかったのですが、結果が伴わず惨敗(泣)

頭を丸めてリベンジを誓った1日でした

なお、いつもお世話になっている四季丸さんは、北九州市門司区大里(ラ・メール横)から出船しています。


(画像クリックでHPをご覧いただけます)

福岡県北九州市門司区大里本町3丁目
海の見えるレストラン ラ・メール雅 前 大里港
連絡先:090-3324-8032

タイラバ (2月23日)

201422301.jpg

2月23日は沖へタイラバ釣行に行って参りました。昨日同様、沖は昼過ぎまで荒れ模様となりましたが

201422302.jpg

ポイントに向かう途中、魚探に現れた反応を攻めると

201422303.jpg

これが当たり!

201422304.jpg

幸先良くプチラッシュに突入!

201422305.jpg

刺身サイズから

201422306.jpg

塩焼きサイズまで

201422307.jpg

しっかりと捕獲!

201422308.jpg

その後もパラパラと釣れ続き

201422309.jpg

昨日の不調を挽回!

201422310.jpg

更に甘鯛や

201422312.jpg

鯛を追加し終了!

201422311.jpg

大型は飛び出しませんでしたが、天候や潮が良くない中、健闘した方だと思います。

今回も非常に釣りづらい状況でしたが最後までお疲れ様でした!


タイラバ (2月22日)

201422202.jpg

2月22日は沖へ鯛ラバ釣行に行って参りました。

201422203.jpg

早朝から根魚や

201422205.jpg

甘鯛

201422207.jpg

美味しいサイズの真鯛が

201422206.jpg

ポツポツと釣れるものの

201422208.jpg

風に押される潮&水温の低下によって苦しい展開に

201422204.jpg

反応は良いのですが・・・口を使ってくれません(泣)

201422209.jpg

その後も良型のタカバや

201422210.jpg

甘鯛が釣れたのですが

201422211.jpg

正午頃まで続いた、風とウネリが多大なる影響を与えた事は間違いありません。
(天気予報的に・・・こんな天気になるはずではなかったのですが・・・)

201422212.jpg

う~ん渋い!

大荒れ後の一発目は、良い結果が出る事も多いんですけどね・・・

寒くて渋い中、最後までお疲れ様でした!


タイラバ釣行(2月16日)

201421701.jpg

本日は久々の沖へ”鯛ラバ”釣行に行って参りました。

201421702.jpg

朝日を浴び、期待に胸を膨らませ出航!

201421703.jpg

前日まで大荒れの天気でしたが、時間が経つにつれて、波も収まり釣りやすい状況へ

201421704.jpg

パラパラとお土産を確保しつつ

201421705.jpg

魚探に映る大物に期待!

201421711.jpg

綺麗な真鯛です。

201421706.jpg

なお、小烏賊を捕食しているのか、本日は白をベースとしたカラーに反応が良く

201421707.jpg

美味しいサイズもしっかりキープ!

201421708.jpg

こちらは美味しそうなカサゴ捕獲!料理の幅が広がりますね!

201421709.jpg

ん!?この首の振り方は・・・・デカい!?

201421710.jpg

現れたのは久しぶりの80cmアップでした!お見事!

201421712.jpg

やはり大型が混じると、釣果画像に迫力が増しますね(笑)

非常に寒い中ではありましたが、最後までお疲れ様でした!


カサゴ釣行 (2月12日)

201421201.jpg

2月12日はカサゴ釣行に行って参りました。天気の影響でなかなか出船できなかったので、期待していたのですが

201421202.jpg

ここ数日の急激な気温変化が、海水温にもしっかりと打撃を与えていたようで

渋すぎる1日

となりました。

201421203.jpg

どうにか頑張って頂きましたが

201421204.jpg

船長の私が4匹という結果で

201421205.jpg

ご理解頂けると思います。(泣)

寒いうえに釣れない1日

本当にお疲れ様でした!


追伸

3月から『産卵期限定!関門での鯛ラバ』というメニューを増やそうと思います。
詳細は乗船料金のページに記載していますので、気になる方は是非ご覧下さい!



関門遊魚船『海風丸』のサポートに行ってきました!

2014020308.jpg

本日は同じ漁港から出船している関門遊魚船 『海風丸』 のサポートに行って参りました。全員が中国からの
お客様であり、言葉もほとんど通じないという中でのカサゴ釣りだったのですが、釣りの楽しさは万国共通でして

2014020307.jpg

一匹を追う姿は真剣そのもの。また、身振り手振りで教えた結果

2014020302.jpg

徐々に感覚を掴んで頂き

2014020306.jpg

どうにか全員に、カサゴのアタリを感じて貰う事が出来ました。

2014020305.jpg

日本語が通じなくても

2014020304.jpg

この笑顔で全てが伝わります(笑)

2014020303.jpg

結果的に全体で35匹程でしたが

2014020301.jpg

満足して頂けたと思います。

皆様、最後までお疲れ様でした!




(今回サポートした関門カサゴ船『海風丸』のホームページは↑の画像クリックでご覧いただけます。)

タイラバ (2月2日)

201420301.jpg

2月2日は沖へ鯛ラバ出船の予定だったのですが、濃霧&風の影響で出船中止という申し出も、
お客様の強い要望で急遽出船する事になりました。幻想的な風景に見えるんですけどね(泣)

2014020208.jpg

視界の悪さで、1時間程待機したのち沖へ

201420302.jpg

今回、一つテンヤも同時に行っていましたが

2014020203.jpg

やはり餌を付けるとアタリが頻発します。

2014020204.jpg

なお、一つテンヤの場合、レンコ鯛からの攻防を上手くかわして

2014020207.jpg

いかに真鯛を喰わせるかが難しいところですね。

2014020206.jpg

鯛ラバも数は少なかったのですが

201420305.jpg

どうにかこのサイズも追加。

201420309.jpg

天気に翻弄された1日となりましたが

皆様、最後までお疲れ様でした!


タイラバ釣行 (2月1日)

201420111.jpg

本日は沖へ鯛ラバに行って参りました。沖合は荒れていたものの

201420104.jpg

朝一からプチラッシュに突入し、

201420102.jpg

レンコや真鯛

201420109.jpg

イトヨリ等を含め

201420101.jpg

お土産はしっかりと確保!

201420103.jpg

本当に綺麗な真鯛でした。

また、本日は鯛ラバの”ポテンシャル”を見せつけた日でもありまして

201420105.jpg

ヒラスをはじめ

201420108.jpg

ホウボウや

201420106.jpg

ヨコワ。また最近では非常に珍しい

201420107.jpg

ヒレコダイも捕獲!

ヒレコダイとは

マダイやチダイとよく似ているが体高が高く丸みをおびている事、背びれの3・4番目のとげが長い事などの点で区別できる。マダイやチダイより深い海底にすみ、味が少し劣る。甲殻類、貝類、ゴカイ類などを食べる。大陸棚上に生息し9〜11月に分離浮遊卵を産む。晩春から夏にかけてが旬で、東シナ海で漁獲されたものが多い。コチラより引用

201420112.jpg

まだ見ぬ魚種と出会えるのも鯛ラバの魅力ですよ!

時化で非常に釣りづらい状況でしたが、最後までお疲れ様でした!

Category


最新トラックバック
プロフィール

ゑびす

ゑびす

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login