北九州関門遊漁船 EBISUYA (えびす屋)

関門海峡・響灘を中心にタイラ・バひとつテンヤ・マゴチ・根魚・キス釣り等、ルアー釣りから餌釣りまで幅広く対応。安全・近い・楽しいの 安近楽 をモットーに、記憶に残る1匹をサポートさせて頂きます。


タイラバ!釣行結果 (5月26日)

昨日はタイラバ釣行に行って参りました。強風の為、風裏を探しての釣行となりましたが

”時合いの波”

に上手く乗った方は、幸運を手にする事が出来ました。

5月26日 釣果2

5月26日 釣果3

5月26日 釣果4

5月26日 釣果5

5月26日 釣果7

シマフグ

全長60cm程度で、ほかのフグ科の魚同様テトロドトキシン(フグ毒)が含まれる。卵巣、肝臓は特に
毒性が強い。 分布は、相模湾以南。東北地方で見られることもある。肝臓などに毒はあるが、身は
鍋料理や味噌汁、刺身などとして食用にされる。(wikipediaより引用)


なお、アタリがゼロだった大人もいた中、この少年が竿頭でした。

5月26日 釣果1

5月26日 釣果6

5月26日 釣果8

5月26日 釣果9

”何か持っているな”という印象も受けましたが、最後の最後までリールを巻き続けた熱意に感服!

皆様、お疲れ様でした!


タイラバ!釣行結果 (5月25日)


奇跡の瞬間

大潮だから
ベタ凪だから
魚群探知機が真っ赤だから


そのような釣り人の過度な期待に対して、魚はなかなか素直に反応してくれない事がほとんどなのですが・・・

潮の流れ ◎
風 ◎
反応 ◎


という三拍子揃った時の、沖のポテンシャルは計り知れないものがあります。

5月25日 釣果1

フォール中のバラシを悔やんでいたのですが、すぐにリベンジ達成!

5月25日 釣果3

5月25日 釣果4

5月25日 釣果5

BIG甘鯛ゲット!

5月25日 釣果6

5月25日 釣果7

5月25日 釣果8

5月25日 釣果9

最後もしっかりと大型確保で終了!

5月25日 釣果11

なお、大型の真鯛に関して現在『体力ゼロ系』と『体力回復系』の2種類が存在しています。

『あっ、これは60cm位だな~』

なんて油断していると、80cm以上の真鯛が海面に現れ、アタフタした事が何度かありましたので、最後の
最後まで慎重にやり取りする事をオススメいたします。では、暑い中、皆様!本当にお疲れ様でした!


タイラバ!釣行結果 (5月20日)

5月20日釣果1

5月20日は『小倉美人会』+『ペケワン』様の合同チャーターでタイラバ出船。まるで畑に行くようなスタイル
ですが、この帽子がなかなか便利でして、次世代の釣りを引っ張る最新ギアになるかもしれませんよ(笑)

さて、話を元に戻しますが、ポイント到着するまでの道中、かなり海上に鳥が飛んでおり『ベイト感』を感じ
ましたが、潮の流れが緩く、タイの反応はシビアだったのですが、甘鯛を筆頭に、根魚はポツポツと釣れる展開。

5月20日釣果4

本当に羨ましい甘鯛GET!

5月20日釣果3

根魚ダブルHIT!

5月20日釣果2

スーパーではなかなかお目にできないタカバもGET。惜しくも鯛を釣り上げる事は出来ませんでしたが、最後まで
諦めない姿は”さすが!”といった感じでした。また『釣りの神様に好かれている』チームペケワンの女性の方。

5月20日釣果5

76cm 5.3kgの真鯛をGET!

『あっさりと釣ってしまう』

という言葉がピッタリで、次回は本当にあっさりと80cmアップを釣ってしまいそうな気がします。結果的に
全員安打とはいきませんでしたが、潮が動くタイミングや、根魚の巣を通過中に、いかにトラブルなく、
鯛ラバを海中に漂わせていられるか。この点が最近の動かない潮の際の攻略ポイントなのかもしれませんね。

5月20日釣果7

暑い中、皆様、お疲れまでした!


タイラバ!釣行結果 (5月19日)

強風 海

5月19日、タイラバ釣行に行って参りました。ある程度の予測はしていたものの、風速10m越えはさすがに辛く
釣り始めると更に天候が悪化。たった5分でここまで天気が急変するのかと思いましたが・・・自然の驚異に
は逆らえません。とりあえず風裏になるようなポイントを探して粘りましたが、非常に厳しい展開でした。

5月19日釣果2

必ず何かやってくれる常連様。この鯛に救われました。

5月19日釣果3

船酔いに悪戦苦闘しながらも執念の一匹。

5月19日 釣果1

最後はチヌで終了。今回、惜しくも鯛をGETできなかったお客様も、今日の頑張りは神様も見てくれているでしょう。

強風+大雨の中、本当に最後までご苦労様でした。


パワーハンドルの恩恵

パワー ハンドル

リール性能向上により昔に比べ、格段に大型真鯛とのファイトを楽にしてくれるのですが、その中でも

パワーハンドル

の素晴らしさには”目を見張る”モノがあります。力強い巻き上げを可能にするのはもちろん、ノブ側と
バランサー側で完全にバランスを取るので、等速巻きもアシストし、更に従来の負荷がかかる巻き重り感
を感じさせないパワーハンドルは、もはや欠かせないアイテムと言っても過言ではありません。また、特に
大型真鯛になると、バトル時間が長ければ長いほど不利になり、フックの伸び、及び、フック折れなどを
誘発してしまいます。ちなみに、経験値に基づく体感時間で表現するならば、パワーハンドルを装着して
いると、従来の半分以下の時間で決着がつくようなイメージで、HITから取り込みまでの一連の流れをかなり
アシストしてくれているのは間違いないと思います。もちろん『あの巻き重り感が釣りの真骨頂』と思わ
れる方もいらっしゃるかと思いますが、ファイト時間が30分を超えた辺りからのパワーハンドルのアシスト
感を知ってしまうと、もう後には戻れない・・・そう思うのは私だけではないと思います。なお私が装着
しているのは、SHIMANOが運営しているカスタムブランド”夢屋”のパワーハンドルでコチラになります。



シマノオシアカルカッタ200HGに装着されているハンドルよりも若干長いのですが、ハンドルをグリップした際の
安定感はさすがと言った感じで、力がリールにダイレクトに伝わっている感が伝わってきます。もちろん、従来の
ハンドルで取り込めないわけではありませんが、ここ最近、パワーハンドルの恩恵を存分に味わっているような
気がしてならないので、気になる方はチェックしてみて下さい。なお、パワーハンドルは装着できるリールと、
装着できないリールがあります。オシアカルカッタ200PG / 201PG、200HG / 201HGには装着できますが、
それ以外はコチラからご確認下さい。これから、超大型も視野に入ってきますので準備万端で挑みましょう!

タイラバ!釣行結果 (5月5日)

5月5日 釣果1

ブログで何度も言っている、PEラインに絡みつくゴミ(プランクトンの死骸等)問題ですが、ここ数年で最大
規模と言っても過言ではないレベルでして、所々で赤潮が発生しています。地球温暖化等で避けられない事実
なのでしょうけれど、今年の海は何かが違うような気がしてなりません。なお、水温の急激な上昇により、
海の状況が少しずつですが変化しております。魚群探知機に写る反応や、魚のバイトの仕方など、停滞時に
比べ荒々しさを感じるようなアタリも感じられるようになり、従来、居るべき場所に魚が少しずつですが
戻ってきている印象も持ちました。もちろん船の動き、潮の流れ等が、現在の所、かなり釣果を左右して
しまうのが現状ですが、そのうちネクタイが無くても喰ってくるようなハイシーズンもやってくるでしょう。

5月5日 釣果2

なお、90cm・9kgの真鯛や、80cm・4.7kgのヒラマサなど、依然としてポテンシャルの高い鯛ラバ。だからこそ
PEラインの結束結びやフックの強度等をよりシビアに考えた方が得策だと思います。個人的な見解ですが、
大型真鯛のバラしで最も多いのはフックの破損です。ファイト時間が長くなれば長くなるほど、針が折れる
確率がUPします。そうならないよう万全なタックル、万全な仕掛けでファイトして頂きたいと思います。


タイラバ!釣行結果 (4月29日)

4月29日に鯛ラバ半チャーターで出船致しました。チーム?ペケワン様の女性の方は鯛ラバ初心者で、釣り経験も
ほとんどなかったのですが、計り知れない”運”をお持ちのようで、激渋い状況下の中、ビギナーズラックを発揮。
経験者も羨む一匹を手にして頂きました。ちなみに、私個人としての意見ですが、一匹目はビギナーズラックだと
しても、二匹目になると、それは何かしらの釣れる要素を持っているという事でして、次回はじっくり釣法を拝見
させて頂き、技術を盗ませて頂こうかと思います(笑)4月29日の全釣果はこのような感じになっております。

4月29日釣果1

4月29日釣果4

4月29日釣果3

サワラが少しですが入っている模様でして、フォール中になんの抵抗もなくオモリの重量感が消えてしまい、
タイラバを奪っていくのはサワラ、タチウオ、エソの三者でして、これから更に被害が増えていくと思います。
ですので、これからの季節、タイラバの予備だけは特に多めにストックされる事をオススメいたします。

ペケワン様、お疲れ様でした!

Category


最新トラックバック
プロフィール

ゑびす

ゑびす

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login