北九州関門遊漁船 EBISUYA (えびす屋)

関門海峡・響灘を中心にタイラ・バひとつテンヤ・マゴチ・根魚・キス釣り等、ルアー釣りから餌釣りまで幅広く対応。安全・近い・楽しいの 安近楽 をモットーに、記憶に残る1匹をサポートさせて頂きます。


タイラバ!釣果結果 (3月24日)

昨日は鯛ラバ釣行に行って参りました。潮が動かずかなり苦戦しましたが、本命真鯛を差し置いて、
本命よりも大きなレンコ鯛の猛襲。魚屋さんに売っているレンコ鯛のイメージを遥かに凌駕する、
ゴツゴツとしたレンコ鯛に振り回された一日となりました。(40cmオーバーのレンコ鯛もHIT)

3月24日釣果1

初めての鯛なるか!?

3月24日釣果2

初めての鯛GET!しかも竿頭の称号もGET!

3月24日釣果3

3月24日釣果4

潜水艦のようなトラフグ。泣く泣くリリース。

3月24日釣果5

大型真鯛は何処へ


タイラバ!釣果結果 (3月19日)

本日は

本田撒餌会

の皆様の乗船でした。普段は大分を中心に活動されているとの事で、初の玄界灘のタイラバ釣行。前半は昨日
のうねりが残っており、かなり辛い状況でしたが、波が落ち着いてきてからはポツポツとアタリが続き、大物は
釣れませんでしたが、鯛ラバで初めて鯛を釣った方も多く、記憶に残る一匹になったのではないでしょうか?

3月19日 釣果1

3月19日 釣果2

3月19日 釣果3

3月19日 釣果4

鯛ラバで”鯛”初ヒット!

3月19日 釣果5

3月19日 釣果6

3月19日 釣果7

3月19日 釣果8

3月19日 釣果9

厳しい状況の中、最後まで頑張って頂いた本田撒餌会の皆様!本当にお疲れ様でした!


タイラバ!釣果結果 (3月15日)

3月15日 釣果1

本日はタイラバ釣行に行って参りました。前回の釣行が割と良かったので期待していたのですが、潮が悲しく
なる程動かないという状況に悪戦苦闘。そんな中、最後まで頑張って頂いたお客様!本当に感謝です!

3月15日 釣果2

3月15日 釣果3

3月15日 釣果5

結果的に、大型は船長が釣り上げた一匹にとどまりましたが、お土産はそこそこ確保できたという感じです。

3月15日 釣果6

3月15日 釣果7

次回こそは

リベンジ

お待ちしております

タイラバ!釣果結果 (3月12日)

氷河
(注:画像はイメージです)

『そろそろ大型が喰い出す頃では?』

と期待しているのですが、なかなか良い反応が見られないので、少し遠出をしてみました。
最初のうちはやはり渋い状況でしたが、貴重なコモンハタをゲットした辺りから、

3月12日 釣果1

アタリが続きだし、久しぶりのドラグ

ジャァァァァァァッァ!

状態突入。潮の流れがかなり早かったので、通常のやり取りの1.5倍はかかりましたが、あがってきたのは


3月12日 釣果2

65cmの真鯛。しかも

3月12日 釣果4

連発

3月12日 釣果5

見て下さいよ。このお腹。超絶パンパンです。

3月12日 釣果6

更に、最後の一投で60cmアップがヒットし納竿。

3月12日 釣果7

レンコやイトヨリも多少追加しましたが、久しぶりに”鯛を釣った!”という印象でした。

『大型真鯛の移動は、もう少々時間がかかる』

と納得せざるをえませんが、今回の大型真鯛のアタリはどれも、『コツコツ』と竿先に出るアクションは
連子鯛と同様の小ささです。掛けて2.3秒してから一気にドラグを逆回転させるので、ドラグの調整は万端に
しておいてください。なお、不安な人は船内で確認しますので、おっしゃってください。また、大型の真鯛
になると”運”の要素もかなり重要になってくるのですが、フック(針)が外側に掛かれば、まず大丈夫です。

3月12日 釣果3

75cmを超えるような真鯛は、簡単に針を折ります。ですので、暴れているうちに外側に針をかけるというのが
理想的なのですが、そればっかりはコチラでどうにか出来るモノではありません。ちなみにあまりに理想的な
針掛りだったので撮影したのですが、これなら90cm越えでも、時間をかければあがってきます。復唱しますが

1.ドラグチェック

2.冷静に

3.針が口の周りに掛かっている事を願う


これで大型真鯛GETは貰ったようなものですよ!

巨大ベイトボールに悪戦苦闘!


風速計

『風が強いな~』

なんて、よく口走るのですが、実際どれくらいの風速があるのかを測定できる

コンパクト風速計

というモノを購入してみました。(笑)これで、ほぼ正確に

『今日は秒速8.8mの風があり、非常に釣りづらい状況でしたが・・・・』

なんて記事が書けると思いますので、今後の風速はお任せ下さい。なお、船のメンテナンスが
終了し、試運転をしたのですが、魚群探知機に恐ろしい反応が・・・。

大群

慌てて、鯛ラバと小さなジグをキャストしたのですが、全く反応がないという悲しい状況でして、一瞬だけ
海面に浮いてきたのを確認したのですが、その正体は恐ろしい量のイワシでした。サイズは15cm~20cm
ほどでしたが、周りにいるフィッシュイーターに怯え、あちらこちらでイワシボールを確認。マッチしたルアー
があれば、仕留める事は出来たと思うだけに悔しい結果になりました。しかし、水温も10度を超え、海の様子
も、少しずつ良い感じになっています。”あと少し!”という状況ですので、もう少々お待ちくださいませ!


タイラバ!釣果結果 (2月28日)

昨日は鯛ラバの調査に行って参りました。ここ最近、沖合に出船する機会が少なかった為、
現在の状況を探る意味でも重要な1日となったのですが、ポイント到着直後に、いきなりHIT!

2月28日 釣果1

重量感たっぷりで、弧を描くロッド。現れたのは

2月28日 釣果4

56cmのタカバ(マハタ)でした。久しぶりのBIGタカバでテンション上がった直後

2月28日 釣果2

今度は52cmのタカバもゲット。その後も根魚は順調で良型の『キアラ』『カサゴ』『ウッカリカサゴ』を捕獲後

2月28日 釣果3

甘鯛(48cm)で終了。

2月28日 釣果5

大型の真鯛を捕獲する事ができませんでしたが、豪華な夕食を飾る魚はゲットできたと思います。ちなみに、
一年で最も大型を狙える荒食い時期に関しては、まだもう少々時間がかかるような印象でした。

早くスイッチが入る事を願うばかりですね。



Category


最新トラックバック
プロフィール

ゑびす

ゑびす

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login