北九州関門遊漁船 EBISUYA (えびす屋)

関門海峡・響灘を中心にタイラ・バひとつテンヤ・マゴチ・根魚・キス釣り等、ルアー釣りから餌釣りまで幅広く対応。安全・近い・楽しいの 安近楽 をモットーに、記憶に残る1匹をサポートさせて頂きます。


2013年を占う”新年一発目”のタイラバ釣行編

ヒラマサ 死闘
(注:画像はイメージです)

昨日、2013年、1発目のタイラバ釣行に行って参りました。やはり年明け1発目の1匹目は、今年を占う意味でも

真鯛

を釣っておきたいと、自分にプレッシャーを与えていたのですが、同船者二人はなんなく真鯛で好スタートを切った
ものの、お約束の如く『こん棒レベルのエソ』で幕開けいたしました(泣)その後もエソが釣れ続け、嫌な雰囲気が
漂う中、魚群探知機が大きな群れを映し出し、船内が活気づいた瞬間でした。着底後、5.6巻きした所で竿先が

コツコツ

と、小さな反応。そのアタリはリール7~8回転まで続き、軽く重みがのった所でアワセを入れてやると

コツコツ

と、変わらず軽い反応。

『またエソか?』

と思った瞬間でした。

ジッ ジッ ジョオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!

ありえない速さで逆回転するドラグ。ファーストダッシュで出された糸は2~30mほど。過去に90cmの
真鯛をあげた時に経験した時と非常に似ていたので、これは大物真鯛と確信し、ファーストダッシュを
耐えたのですが、そこから更に20mほど、またも走る魚。止まっては走り続ける魚に、スプールに残る
PEラインの残量があきらかに危険域に達し、急遽、魚を船で追う事に。90cmの真鯛も同じような対処を
したのですが、今回は船で追っても浮いてこない。5分かけて15m巻いても、1.2秒で15mを出していき、
やりとり開始から30分以上経過しても見えない魚。一瞬、海中に魚影らしき影を確認したのですが、
そこからまたも20mほど出され、体力がほぼ0に。それでも、騙し騙し巻き上げる事48分。海中から
少しずつ浮いてくる、過去に見た事がないような鮮やかなグーリンの魚体。尾びれが黄色であると確認し

『ヒラマサ!!デケぇ~!!!』

と沸き立つ船内。どうにかランディングをしてもらい、船内にあげたヒラマサがこちら。

ヒラマサ14kg

ヒラマサ122cm


122cm 14.1kg


14kg.jpg

ボヤけていますが、14.1kgと確認できると思います。

ヒラマサ ベイト

お腹の中には カワハギ が3匹!

ちなみにタックルは

ロッド

メジャークラフト ジャイアントキリング/タイラバモデル GKJ-B66M/TR

リール

シマノ オシア カルカッタ 200HG

タイラバ


セブンスライド 80g

ライン

ゴーセン(GOSEN) ライトタックルG# 200M PE 0.8号


リーダー

クレハ(KUREHA) シーガー グランドマックスFX 4号


になります。タックル等、全て酷使した状態でどうにか捕獲はしましたが、PE0.8号で14kgが上がるとは思いも
しませんでしたし、人生初の大政が、まさかタイラバでゲットできるとは・・・恐ろしきタイラバのポテンシャル。
48分という時間はかかりましたが、このような事もあるので、結束部分の確認、エソやサワラなどがHITした
後は、必ずラインや針等が傷ついていないか確認するようにして下さい。これから、徐々に青物もいい感じに
なってくると思います。ヒラマサの実績も充分ある海域なので、トライしてみてはいかがでしょうか?


Category


最新トラックバック
プロフィール

ゑびす

ゑびす

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login