北九州関門遊漁船 EBISUYA (えびす屋)

関門海峡・響灘を中心にタイラ・バひとつテンヤ・マゴチ・根魚・キス釣り等、ルアー釣りから餌釣りまで幅広く対応。安全・近い・楽しいの 安近楽 をモットーに、記憶に残る1匹をサポートさせて頂きます。


タイラバ・鯛カブラとは

タイラバ

タイラバ・鯛カブラとは

古くから慣れ親しんだ 真鯛 という魚。十数年前まで、真鯛を釣るには餌釣りが主流であり、フカセやカゴ釣り
など、初心者が簡単に釣れるようなターゲットではありませんでした。現在でも、タイラバのタックル(道具)を
見せると 『こんなんじゃ釣れない』 『釣れるわけがない』 という方が結構いらっしゃいますが、実際にタイラバ
釣行に出て頂くと、『こんなルアーで釣れるわけ・・・』と言いながら、次々に真鯛を釣り上げていきます。
2.30年来、破れなかった記録を、初めてのタイラバ釣行で記録更新された方も知っています。この、真鯛という
魚のイメージを壊しかねない釣法こそ、タイラバと呼ばれる釣法で、ハマリ度200%のルアーゲームになります。

さて、タックル(道具・仕掛け)の紹介をいたしますが、コチラでは簡単に説明させて頂きます。

ロッド(竿)

タイラバ専用竿が一番良いのですが、お持ちでない方はバスロッド、及び、エギングロッドで代用可能です。
タイラバの自重が最高で100gほどを使用する可能性がありますので、100gほどまで耐えられるスペックの
ロッドをお選び下さい。また、それ以外のロッドでも代用は可能ですが、バット(竿尻から竿中央までの張り)
が強く、竿先が繊細で、しなやかな竿がタイラバに適しています。全体的に柔らかい竿や、逆に硬すぎる竿だと、
フッキング率の低下やバラシ、またアタリを竿先が弾く場合がありますのでご注意下さい。
(有料ですが、レンタルロッドも準備していますので、ご入用の方はご連絡下さい)

リール

基本的にベイトリールがオススメです。選ばれる際には、1回転あたりの巻き上げ量、ドラグ力、糸巻き量
などをチェックして下さい。ドラグ力がリールのパワーです。7.80cmの真鯛も平気でHITするので、ある程度、
パワーがあるリールを選ぶと、後悔がないかと思います。

ライン・リーダー

アタリがダイレクトに伝わるPEラインがオススメです。PE 0.8号 を200mほど巻いていれば大丈夫です。1号でも
大丈夫ですが、潮流が早いので、0.8号がいいと思います。リーダーは2.5号~4号。

タイラバ


様々なタイラバが発売されていますが、オススメは『セブンスライド』です。

タイラバ2

セブンスライドによって数々の大鯛を釣り上げてきましたし、船内使用率はダントツで NO.1 です。
ちなみにEBISUYAでは一番深い場所で80m付近を狙う場合がございますので、80gを数個用意しておくと、
無難に底を取って頂けると思います。また、60gと80gを何点かストックしておくと万全です。

関門海峡 カサゴ(アラカブ)編

関門のカサゴ

潮流の速い、関門海峡で育つカサゴは非常に美味しく、人気のターゲットになります。基本的に胴付仕掛け
で狙うのですが、オモリは15号で細いタイプの方がいいと思います。細いタイプのオモリを選ぶ理由として、
着底時に運悪く、海底の穴にハマる場合がございますが、細長いタイプですと、根掛りを回避する可能性が
アップします。また、胴付仕掛けに針をたくさん装着すると、根掛りの際に全部切れてしまう場合があります。
多くても三本位にするのが得策ではないでしょうか。餌はエビや、イカ、鯖の切り身、アナゴ、キビナゴ等
なんでも大丈夫ですが、高活性の時は カブラ という疑似餌で充分釣れますので、ご用意頂けますと安心です。

関門カサゴ

シンプルに胴付仕掛けに、カブラを一つ装着します。2.3本、カブラをつけるより、1本で手返しをよくする方が
釣果が伸びる傾向があります。カブラの場合は、餌釣りよりも竿先を上下に動かし、誘いを入れてやる事で、
釣果を伸ばす事が可能です。また、関門のアラカブ釣りは、底をいかに取れるかが重要になってきます。
どんなカサゴ達人でも、根掛り覚悟でやっていますので、根掛り対策(予備)だけは充分にご用意下さい。


Category


最新トラックバック
プロフィール

ゑびす

ゑびす

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login